2017年04月16日

無彩限のファントム・ワールド(10)(湘南江の島駅周辺 2017年4月)

2016年の冬アニメ、「無彩限のファントム・ワールド」の放送が終わってちょうど1年経ちますが、4月の始めにツイッターで流れてきた情報によると、湘南モノレールの終点、湘南江の島駅を出たすぐのコンビニ「スリーエフ湘南江の島駅店」が閉店したとのこと。
ここは、第6話の熊枕久瑠美がメインのファンタジー回で、このコンビニの前の横断歩道を含め重要な舞台だったので自分の目で確認しに行って来ました。(*1)

この日は雨だったので人通りもまばらで、普段の週末の賑わいとは全く異なる雰囲気でした。そしてこのコンビニの前に到着して、目に入ったのがこの写真。
IMG_0512L.jpg
スリーエフ湘南江の島駅店(跡)

看板などすべて撤去されていて白い。ひたすら白い。この日は雨も降り続いていて、空も白かったので、背景画がまだ彩色されていない状態みたいで、すっぽり舞台がなくなったみたいな衝撃を受けてしまいました。
DSCN8980LC.jpg
参考:スリーエフ湘南江の島駅店(2016年営業時)

まさに、「 ”無彩色”のファントム・ワールド」という言葉しか出て来ませんでした。
以下、いくつか画像を貼っておきます。
IMG_0513L.jpg
IMG_0514L.jpg
IMG_0518L.jpg
さて、この日は第12話にも出て来たこのコンビニとそのはす向かいにあるお魚屋さん&食事のお店の舟善に遅い昼食を食べに来ました。
(第12話の記事など、第7話以降はブログ記事にまだ掲載できていません。この場を借りてお詫びいたします)(*3)
IMG_0531L.jpg
舟善(ふなぜん)

舟善はお魚料理の筆者のお気に入りのお店です。放送時にこのお店の画像が出て来たときには凄い衝撃を受けたことを今でも覚えています。このお店がアニメに登場したことで、普通にお店に入れなくなってしまうのではないかと少し心配しましたが、そんなこともなく、いまも放送前と変わらず落ち着いたお店の佇まいです。
この日は、筆者がよく注文する「しじみ汁定食」を頂きました。アジの叩きとしじみのたっぷり入ったしじみ汁の組み合わせです。このお店でも売られている海苔の佃煮の小鉢も付いていて、いつも、この海苔も訪れた際には買って帰ります。
IMG_0503L.jpg
しじみ汁定食

さて、食事をして元気になってから、コンビニの周りを再度撮影して、帰宅の途に着こうと思ったのですが、せっかく来たので、コンビニのすぐ裏手にあるこれも作中に幾度となく登場した湘南江の島駅も少しだけ見ておこうと思い駅の入口の階段の前に来ました。
IMG_0519L.jpg
湘南江の島駅

いつも通りの風景で何も変わっていないことに安堵しました。が、作中にも登場した向かって右手の歯医者さんの青い広告看板の下に、何か大きな紙が貼られているのに気が付いて、近くに寄って見てみると、そこには、
「湘南モノレール 湘南江の島駅改良工事」との表題が!
IMG_0521L.jpg
図面全体

IMG_0529L.jpg
図面(部分)

詳しく見ていくと、これは、現在の湘南江の島駅を半分以上改築し、さらにコンビニの辺りまで増築するとのこと。単刀直入に言うと、湘南江の島駅が変わってしまう、つまりファントムワールドの主要な背景舞台が変わってしまうということなのです。
計画書には2017年6月から2019年6月の工事期間が記載されていました。もうすぐ、この外観が見れなくなってしまうのです。

IMG_0528L.jpg
図面(部分)

図面をさらに詳しく見ていくと、エスカレーターが移設、増設されたり、階段の位置も違う場所にあったりと、現在の内部の様子も大きく変わるように見えました。あの階段の途中で川神舞が晴彦にコブライツイストを掛けたタコの絵(作中ではコブラの絵)とかもなくなってしまうかもしれないと。(*2)
IMG_0524L.jpg
図面(部分)

京アニ作品では、なぜか、背景に使った場所が失われることが多いという印象を筆者は持っているのですが、さすがに、この駅がこんなに早く大きく変わってしまうというのはコンビニ以上に大きな衝撃でした。

聖地が失われるのは早いです。いつかは訪れようと思っていても、あっと言う間になくなってしまいます。
筆者もいつかは訪れたいと思っていた聖地がなくなってしまって残念に思ったことが何回もあります。
無彩限のファントム・ワールドファンの方はぜひとも、この湘南江の島駅が変わってしまう前に訪れてみてはいかがでしょうか。
(2017年4月9日撮影)

*1:第6話の記事はこちらをご覧ください。
*2:筆者は建築の専門家ではありませんので、この図面から読み取った情報に対して筆者の解釈が間違っているかもしれないことを予めお断りしておきます。何か、記事中に間違い等がございましたら、ご指摘頂ければと思います。
*3:筆者が著している無彩限のファントムワールドの巡礼・探訪本「ホセア学院のひみつ」では、全話に渡る内容を記しています。よろしければそちらもご覧頂ければと思います。こちらの記事でご案内しています。

posted by グルミット at 13:22| アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする