2013年02月10日

豆大福食べてみた(出町ふたば、他)

出町ふたばの豆大福は絶賛されていますが、日頃食べている東京、神奈川の豆大福と比較してみました。
(なお、東京都内の「よく登場するお店」は含まれていません。あくまで、豆大福の比較のためにピックアップしたということをご理解願います。もちろん3店とも有名店ですよ)
IMG_4794m.jpg
IMG_4799m.jpg
まず、出町ふたばです。
重さ73g、価格¥170です。
重さの割りに食べ応えがあるのは、おそらく赤えんどう豆の大きさと量のために、お餅が大きく感じるためだと思います。実際、満足感はあります。
IMG_5191m.jpg
IMG_5189m.jpg
つぎは、横浜紅谷です。
重さ64g、価格¥120です。
小振りで、1個では足らず、2個食べたくなりました。
IMG_5043m.jpg
IMG_5041m.jpg
つぎは、浅草の梅園です。
重さ108g、価格¥189です。
これは、重量感あります。満腹になります。粉多めです。
IMG_5335m.jpg
IMG_5333m.jpg
最後に、立川伊勢屋です。
重さ98g、価格¥140です。
普通においしいし、食べ応えあります。ちょうどよい感じです。

こうやって、食べ比べると重さには随分開きがありますし、価格もだいぶ違います。
価格/重さの比率でいうと、出町ふたばさんは、高価なんですが、赤エンドウ豆にこだわりがあるようで、それとお餅、あんことのバランスが絶妙で満足感があります。こんなところが出町ふたばさんの凄いところかもしれません。

(出町ふたばさんの豆大福(豆餅)の写真がいまいちかもしれません。そのうち撮り直しますのでご容赦を)




ラベル:豆大福
posted by グルミット at 03:20| Comment(0) | 和菓子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。