2013年01月31日

たまこまーけっとの舞台に行ってみた(1:京都出町編)

京都アニメーションの2013年冬アニメのたまこまーけっとの舞台の京都へ行ってきました。
主人公のたまこの家は、商店街のおもち屋さんの設定です。そのおもちのイメージモデルは、出町ふたばという豆餅(豆大福)で有名なお店です。和菓子、とりわけお餅系のものに目がない自分はぜひ、このうわさの豆大福を食べてみたくて、売り切れにならないように開店時に行こうと思い立ち、朝一の電車で向かいました。到着したのは、午前9時半頃でした。すでにお客さんはいましたが、待たずに無事買うことができました。
さて、おもちの話は別記事ということにして、まずは、商店街の入り口から。
IMG_4683m.jpg
モデルになっている商店街の正式名称は出町桝形商店街(でまちますがた)といいます。
IMG_4687m.jpg
商店街は100mくらいのこじんまりしたものですが、いろんな飾り物があって賑やかな感じです。ちなみに、右側のベンチに巡礼者ノートが置かれたようです。(訪問日(1月12日)の午後だったらしいです)
IMG_4696m.jpg
これがたまこまーけっとのポスターです。
IMG_4698m.jpg
若さばちゃん。その下は加茂川マコト(いまどうなってるのかな)
IMG_4721m.jpg
若さばちゃんのしっぽのアップです。(マグロのような、カツオのような...)
IMG_4690m.jpg
お豆腐のいづもやさんが右側にあります。
IMG_4741m.jpg
コロッケが作中によく出て来ます。このいづもやさんのコロッケはモデルではないそうですが、甘い優しい感じの味で美味しかったです。ぜひ揚げたてをお試しください。
IMG_4737m.jpg
デラちゃんがいたお花屋さん(花の春風)。シンプルだけど美しいですね。

お店は他にもたくさんありますが、とりあえず、ここまで。(写真は、2013年1月12日撮影)


posted by グルミット at 01:07| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。